トップイメージ
私は、秘書検定2級と、英検準1級、漢検準1級を持っています。 秘書検定を取ったきっかけは、結婚を機に、マナーを身につけておかないと嫁ぎ先で恥をかくと思ったからです。 秘書検定を受ける前は、マナーを身につけるためにマナー本を買って独学をしていました。 しかし、どうせ学ぶなら資格を持っていた方が仕事でも有利になる事があるのではないかと思ったのです。 そして、思いついた資格が秘書検定。 秘書検定はビジネスマナーのみならずテーブルマナーなども学ぶ事が出来ます。 資格を取ると決めるまではだらだらとマナーの本を読むだけで、技能がなかなか身につかずにいました。 しかし、資格を取る事を目的にすると、受験料も払うわけですから、なんとしてでも身につけたいという気持ちがこみ上げてきました。 そのおかげで、資格も、技能も身につける事が出来、実生活でも仕事でも役に立てる事が出来ました。 英検や漢検は、単に英語と漢字を学びたいという思いから取得したのですが、資格を取るという目標があったからこそモチベーションが維持できたのだと思います。 英語の教材は日本に非常にたくさんあります。英語を学ぶ人はあれやこれやといろいろな教材に手を出し、結局あまり身につかないという傾向があると思います。 しかし、英検を取得するため、TOEICで高得点を取るためと決めてしまえば教材を絞ることが出来るので、節約にもなり、身につきやすくなると思います。 「何かを学ぼうと思ったら、それに関連する資格を取ることを目標にする」 それが、身につけたいものを身につけやすくするコツだと思います。

リンク

Copyright © 1998 www.slrcvdfellowship.org All Rights Reserved.