トップイメージ

自動車重量税、通称重量税とは、日本の車でも外国の車というような自動車の生産国や低公害ディーゼルエンジン搭載車、ステーションワゴンなど車体に全て同じで例えば、スバルやアルファ、等でも同じように納付しなくてはならないもののことをいいます。仕事 辞めたい アフィリエイト

新車を登録するさいまたは車検に出すさいに支払う税金です。

支払額はその自動車のウエートにより定められています。

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全く別の税のため、基礎となる税金を理解して混同しないようにしてください。

「自動車重量税というものは自動車の重量で」「自動車税というものはクルマのリッター数毎に」税額が違います。

そして、買い取りする時の対応も異なってきますので、注意が必要です。

中古車の売却のときには既に支払った税額がどれだけ残っていたとしてもその金額が戻ってくることはありません。

一方で自動車税の時は支払い済みの金額を買取額に上乗せしてくれるケースがなくはないですが重量税の場合は上乗せしてくれる事例はなかなかないはずです。

重量税というのは、手放す際に納付済みの税金があるからと言って中古車の買取店でそのことが材料になるケースはまずないと思います。

ですからその次の支払い、要は車検に出すまで売らずに待ってから売却をするという手段が無駄がないと思います。

自動車の売却の際は戻ってこない重量税でも、例外的な場合では戻ってくる可能性があります。

このケースは、車検の効力が残っている愛車を廃車にする時です。

要は抹消登録をすれば、残存期間に従って税金が返金されます。

ですが車買い取りの時はその車が廃車されるのとは異なり還付されません。

それに手放す車の名義変更をしてしまった時や、盗難された場合も返金してもらうことはできません。

重量税が残っている期間がある愛車を売るということは車検が残っている自動車ということと同じです。

そのことを買取店も計算に入れますから重量税が残存していればある程度売却額が上がると思います。

勿論、買取金額は店舗によりまちまちなのですが車検が残っているということを計算に入れてもらえば、売却する自動車の買取額からみるとそんなに払い損と考えることもありません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.slrcvdfellowship.org All Rights Reserved.