トップイメージ

近年、概してどの自動車損害保険を扱う会社も料金釣り上げをしつつあります。

料金の釣り上げをするということになってしまうと、じかに被保険者の台所事情に甚大な打撃を与えると言わざるを得ません。

一体なぜ自動車保険が料金値上げという現象に見舞われているのか、わかりますか?その現象の主な原因として考えられることには大雑把に二項目あるのです。

まずはお年寄りの自動車持ちが段々と増加傾向にあることがあります。

自家用車両を保持しているのが当たり前の世の中になってしまったことから、老齢の乗用車所持者も増えつつあります。

また、日本全体が高齢化社会に移行しつつあるというようなことも原因になって、これから更にお歳を召した乗用車持ちが増加することは間違いありません。

高齢者の場合は基本的には保険の掛け金が安価に設けられている故保険会社にとっては、あまりメリットが存在しないのです。

当たり前ですが月々の掛金が手ごろなのにトラブルを起こされたときにコストに見合わない補償を被保険者に払わなければならないという理由があるからです。

そうすると、損になるリスクが通常よりも上がるため、保険会社は保険の料金を増額するという手段を取らざるを得ません。

さて、2つ目の理由として考えられる事は比較的若い年代の自動車所有への無関心にあると言えるでしょう。

お歳を召した乗用車所持者は増えていますが、それとは裏腹に比較的若い世代は乗用車に憧憬を抱かなくなってきたのです。

そのウラには何があるかと言うと、バスなどのインフラの発展とお金に関わることなのです。

安定した職業にありつくことが難しい若年者が多く存在するがために乗用車を手に入れるなど考えられないという方も当然多くいるのです。

しかも、経済的に余裕があった一時代前であればマイカーを保有している事がステータスだと考えられていましたが、長年の不況も影響してか乗用車の所有がステータスだとは言明しづらくなってきたのが現状でしょう。

そういった訳で月々の掛金がお年寄りより採算の合わない額の若い世代の被保険者が年々数を減らしているのです。

そうした事が原因となって、会社も値上げに踏み切っていると思われます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.slrcvdfellowship.org All Rights Reserved.